ニッポンのオヤジにこそヨガのパワーを。メンズヨガの赤裸々な実態をオッサンがこっそり綴ります

オヤジのヨガ日記

ヨガマット&ヨガバッグ ヨガ道具

JADEのヨガマットをオヤジのオレが買ったのでレビューしてみる。臭いよ。

更新日:

suriaのヨガマットがくたびれた

オレはおっさん。ヨガの修行者です。

昭和のころ、沖ヨガの流れを汲む先生から教えを受け、平成になってからヨガを再開。

ここ数年はアシュタンガヨガを習っています。

昭和の頃は、ヨガをやるにしてもヨガマットなんてものはありませんでした。

みんな、畳とかじゅうたんの上でポーズをとっていたものです。

最近のヨガの教室の床はフローリングが多いので、やっぱりヨガマットは必須です。

何か敷物の上でやらないと痛くてたまりませんからね。

んで、オヤジヨギのオレが使っていたのがこれ。

suriaのヨガマットです(いまはプラスが付いているけど、オレが買ったときはプラスじゃなかった)。

【ヨガマット】 【スリア】スリア ヨガマット HDエコマット4mm suria

商品SPEC
サイズ 183 × 61 × 0.4 cm
※丸めたときの直径 約12cm
素材 TPE(熱可塑性エストラマー)
重量 約1.1kg
生産国 台湾

これはこれでいい製品なので、またコレを買うって手もあったのですが、驚くほど滑らないって評判のヨガマットがあると聞いていたので、ちょっと調べてみたのです。

滑らないヨガマット!って大評判のJADEのはじまり

その噂のヨガマットがこれ。

s-p1140941

JADEのヨガマット、ハーモニー・プロフェッショナルです。アメリカ生まれです。

材料が天然ゴム。石油系の合成樹脂ではなく、ホントのゴムで作られているところがミソです。

JADEの母体であるJade Industries Incは、もともとはヨガ関係のメーカーではなく、1970年代はじめから、じゅうたんの下に敷く滑り止めパッド(ノンスリップ・ラグパッド)を製造していたメーカーです。

そもそも、昔はヨガマットなんてのは、存在そのもがなかったわけですが、初めてヨガマットを考え出したのは、かのB.K.S.アイアンガー大先生だと言われています。


▲B.K.S.アイアンガー大先生御影

昔むかし、アイアンガー大先生がアメリカに来て、じゅうたんの上でヨガのポーズのデモンストレーションをしたんだそうですよ。

そしたらそのじゅうたんの上でアイアンガー大先生が滑っちゃって、アチャーって思った生徒が敷かれていたじゅうたんをめくり取ったんですと。

そしたら、そのじゅうたんの下に敷いてあったのが滑り止めパッド。

んで、アイアンガー大先生は、その滑り止めパッドの上でポーズを決めてみたら滑らなかった。

これはいいじゃんってことになり、じゅうたんのしたに敷くためのこのノンスリップ・ラグパッドがヨガマットの始まりになったとゆーお話です。

んで、時は流れて2002年。既存品のヨガマットは滑りまくって困るぜとゆー悩みを受けて、Jade Industries Incは本格的にヨガのための敷物の開発に乗り出します。

滑ることをとことんおさえるマットを追求し、その結果生まれたのが、はじめての天然ゴム製のヨガマットである“ハーモニー・プロフェッショナル”だってゆーのがこのヨガマットの誕生スト-リーです。

オヤジヨガのオレもJADEのハーモニー・プロフェッショナルを注文してみた

前述の開発ストーリーを知って、面白そうだと思ったオレだが、JADEのヨガマットの値段を調べてみたら高かった。

やたら高いのである。

JADEのハーモニー・プロフェッショナルの普通サイズ。

スペックはこんな感じ。

●カラー:8色
●素材:天然ゴム素材
●サイズ:173 x 61 cm
厚み:4.8mm 重量:1.9 kg

が、まあ、一度買えば数年は使えるからポチりました。サイズ的に、188cmのロングもあるんだけれども、173cmのほうが安かったのでそっちにした。
ちなみにオレは身長167cmの小型にできている。

3日後には到着しました。

JADEのヨガマット。最大の短所。臭い。

我が家に届いた細長いダンボールケース。

ずしりと重い。

なかに入っているのがヨガマットだとわかっているだけに、重く感じる。

なんだこの充実感は。どっしりとした重量感だ。

で、あけてみた。

s-p1140922

ダンボールケースを開封したとたん、異臭が漂う。

箱の中には、プチプチマットに巻かれたJADEのヨガマット。

説明書も入っている。

s-p1140946

裏側。

s-p1140948

ずしりと重いヨガマットを取り出し、プチプチマットを外すと、異臭はさらに激しくなった。

JADEのロゴのタグはシブくていい感じ。

s-p1140932

とりあえず、厚みをデジタルノギスで計測してみた。カタログ上は4.5mmである。

s-p1140938

ちなみに、このハーモニー・プロフェッショナルは、厚み4.5mmなんですが、JADEのヨガマットには、ほかに、厚み8mmのジェイド・フュージョンと厚み3.2mmのジェイドトラベルが用意されています。

しかし臭い。なんだコレはってほどクサイ。

屋内で開封したオレがバカだったのかもしれない。

明日、ヨガのクラスがあるんだが、このニオイのするマットをあの密閉された教室に持ち込むのは無理だろう。

オレが通っている教室は、ダンススタジオも兼ねているので、音が漏れないように窓がないツクリなのだ。

しょうがないので、JADEのヨガマット、ハーモニー・プロフェッショナルをゆるく巻き直して再びダンボールケースにいれ、屋外の自転車小屋のなかの自転車のカゴにつっこんだ。

箱のフタはもちろんあけたまま。

臭いが抜けるまで外気にさらすことにしたオレだった。

JADEのヨガマット。実用レベルの臭い低下まで2週間

JADEのハーモニー・プロフェッショナルが届いた翌日はいい天気だった。

ゴム臭を抜くために、日光にさらしておくかと考えたが、説明書によれば、このハーモニー・プロフェッショナル、天然ゴムでできているので、紫外線には弱いらしい。

そこでオレは考えた。

今日は天気もいいので、気温も上昇するだろう。

この異臭をはなつハーモニー・プロフェッショナルをクルマの中に入れておけば、外気温よりもさらに高温状態にさらすことができる。

ハーモニー・プロフェッショナルが臭うとゆーことは、このヨガマットの中に何らかの揮発成分が含まれているってことだ。

車内で高温状態に曝露させれば、その異臭をもつ揮発成分の揮発スピードは必ずや促進されるであろう。

新築の家の有害物質をいち早く取り除くために行われるあの方法、「ベイクアウト」だ。

【ベイクアウトとは】

シックハウスの原因になるホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどは揮発性有機化合物(VOC)と呼ばれ、熱で揮発し空中に拡散されます。

ベイクアウトはそれを利用した方法で、室内温度を人工的に30~35度まで上げ、化学物質の放出を加速させた後、換気を行う方法です。繰り返しベイクアウトを行うことで、シックハウスの元になる化学物質の量を短期間で減らしていく事が目的です。

▲出典:化学物質過敏症とシックハウス症候群を考える

そう考えたオレは、ハーモニー・プロフェッショナルをクルマの後部座席に積み、そのまま運転して会社へ向かった。

会社まではクルマで15分。臭かったが、窓を全開にして乗り切った。

会社について、クルマの窓を閉めた。

このあと、密閉された車内は、太陽のチカラでどんどん気温が上昇するはずだ。

一日仕事をして、夕方クルマのドアをあけた。

あの異臭がどっとオレの鼻の穴に押し寄せて来る。

これはたまらん。

クルマに乗り込む前にウンドウを全開にして空気を入替えたあと、家路を急いだ。

いいアイデアだが、この方法ではクルマが臭くなる。

やっぱりオープンエアな自転車小屋で放置することにした。

1日1日と臭いはうすれていく

朝起きて、出勤する前に自転車小屋に入って、ヨガマットに鼻を近づけるのが日課になった。

それでも、1週間後のヨガのレッスン日の朝の段階では、まだまだニオイ成分が残っていて、とてもこのハーモニー・プロフェッショナルをあの密閉教室へ持っていく気にはならなかった。

それからさらに1週間。

朝、ニオイを嗅ぐとわりといい感じ。

臭いはするが我慢可能の範囲内である。

購入から2週間を経過してようやくJADEのハーモニー・プロフェッショナルを使ってみる気になったオレであった。

実際にJADEのハーモニー・プロフェッショナルをヨガ教室へ持って行って驚いた

ここ数年、オレが週に1回通っているのがアシュタンガヨガ。

先生は40代の男性、サラリーマン。副業でヨガの先生をやっている。

通っている生徒は流動的だけれども、男2人、女性2人って感じ。

JADEのハーモニー・プロフェッショナルを初めて持っていたこの日は、アシュタンガヨガのハーフプライマリーを通してやることになった。

ハーモニー・プロフェッショナルは重いヨガマットなんだけれども、ヨガ教室へはクルマで行っているのでその重さは苦にはならない。

スーリヤナマスカーラが始まり、ダウンドッグのポーズに入った時に感じました。

まったく滑らない。

両手のひらは、びったりとヨガマットに張り付いている感じ。

s-p1140940

両足の裏もヨガマットに吸い付いている。

手のひらにチカラをこめてぐいぐい床を押すと、その反作用で背中が伸びるが、足裏も全く滑らないため、ケツがぐっと上がる感じを実感できた。

ヴィーラバドラーサナでも後ろ足の踏ん張りの効きが半端ない。異次元の感覚である。

ただ、チャトランガダンタアサナやヨガムドラーで、自分の鼻がヨガマットに近づいたときには、あの独特のニオイが鼻腔にキョーレツに流入してきた。

開封してから2週間経過しているので、臭いのキツサは我慢できる範囲内ではある。

また、スリヤのヨガマットならすれすれマットをこすってもジャプスルーできたのに、このハーモニー・プロフェッショナルでは、少しでも足先がマットに触れるとひっかかります。

ま、いろいろあるんですけれども、このJADEのハーモニー・プロフェッショナルの滑らなさ、グリップ感ってゆーんですか、それは最高です。

他のヨガマットとは全然違う「じわっと感」を味わえます。

欠点は「重いこと」と「臭いこと」。

重いのはどうにもなりませんが、臭いのは1日1日とニオイが抜けていきます。

私の場合、実用レベルまで臭いが抜けるのに2週間かかりました。

ビタっとポーズを決めてみたい修行者には、JADEはいいと思ったオレであった。

このJADEのハーモニー・プロフェッショナル、長さに、レギュラーサイズとロングサイズがあるので買うときは注意してください。

レギュラーサイズは長さ173cm,ロングサイズは長さ188cmです。幅はどちらも61cmです。

レギュラーはコレ。

ロングはこっち。

幅も長さもでかい「ロング&ワイド」ってのもあります。長さは188cm、幅が69cmです。

【追記】購入後1カ月経過。JADEのゴム臭ほぼ消え、一日中、クルマの中に入れておいても、ゴム臭を感じることはなくなった。

30cm程度まで鼻を近づけてもニオイは感じない。

ヨガムドラ程度まで鼻をマットに近づけて、初めてゴム臭を感じるレベルになったのであった。

⇒ヨガマットの正しい選び方(楽天市場での大特集)

スポンサードリンク




スポンサードリンク




MANDUKA

-ヨガマット&ヨガバッグ, ヨガ道具
-,

Copyright© オヤジのヨガ日記 , 2019 All Rights Reserved.