ニッポンのオヤジにこそヨガのパワーを。メンズヨガの赤裸々な実態をオッサンがこっそり綴ります

オヤジのヨガ日記

ヨガ本の紹介

『YOGAポーズの教科書』を買ってみた。綿本せんせの集大成

更新日:

新しく本が出たので買ってみました。

『YOGAポーズの教科書』です。

s-P1110897

綿本親子

我が国のヨガ界において、「綿本」という苗字には歴史があります。

この本の著者である綿本彰先生は綿本昇先生の息子さんです。

綿本昇先生は日本ヨーガ瞑想協会の創設者で、70年代後半のヨガブームの第一人者です。

このピンクのレオタードがなんとも昭和な感じです。

んで、この綿本昇先生の息子さんが『YOGAポーズの教科書』の著者、綿本彰先生。綿本彰先生のお兄さんが綿本哲(わたもとさとし)氏で、あのヨガワークスの社長さんです。

ヨガワークスは、ヨガマットなんかのヨガグッズを販売している会社ですね。

こんな製品を扱っています。

 

『YOGAポーズの教科書』はこんな本

このYOGAポーズの教科書、前書きが秀逸です。

s-P1110899

ヨガを3日続けると身体の不調が緩和し、3週間続けると心の調子がすこぶるよくなり、3か月続けると体質が別人のように改善し、そして3年続けると身体の節々が痛くなる(笑)・・・。

ヨガのポーズは「関節技を自分にかけている」ようなもの。

この本では、安全で効果的にヨガの練習ができるようには100種類のポーズが詳しく解説されています。

s-P1110900

s-P1110901

バンダの説明はこんな感じであります。

s-P1110902

我が家のヨガライブラリに加えます。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




MANDUKA

-ヨガ本の紹介

Copyright© オヤジのヨガ日記 , 2019 All Rights Reserved.