ニッポンのオヤジにこそヨガのパワーを。メンズヨガの赤裸々な実態をオッサンがこっそり綴ります

オヤジのヨガ日記

ヨガブランド

最近ヨガ業界でよく聞く「ダンスキン(DANSKIN)」って何だ? 調べてみた

更新日:

danskin

ダンスキン(DANSKIN)である。

最初、ダスキンかと思っていた。

最近のヨガ人気の高まりのなかで、ついにあのダスキンがヨガグッズ業界に参入したのかと思ったオレであった。

100人日本人がいたら、90人くらいはそう思うだろう。

でも、よく見るとダスキンではなく、ダンスキン(DANSKIN)なのである。

ダンスキン(DANSKIN)とは?

んで、このダンスキン(DANSKIN)。

実は歴史あるブランドだった。オレが知らなかっただけみたい。

ダンスキンが生まれたのは、1882年。

グッドマン・ファミリーが、ニューヨークにインポートレッグウエアの店を開いたことから歴史はスタートしました。

お店は、ダンサーたちの間でまたたく間に大評判となり、ほどなくダンサーのニーズに合ったアイテムを製品化するようになりました。「Dance(ダンス)」と「Skin(肌)」を掛け合わせた名前には、第二の肌のようにダンサーたちの身体を包み込むウエアを世に送り出したいという願いが込められていました。

ダンスウエアのパイオニアとして、タイツ、レオタード、チュチュはもちろん、新しく提案するアイテムやカラーは、ブロードウェイダンサー達に旋風を巻き起こし、米国のダンスウエアのスタンダードになりました。

1960年代末には、クラシックなダンスレオタードの形を踏襲しながらも、より多目的に着用できるナイロン製の“ボディースーツ”を発売。着脱の利便性やファッショナブルなスタイリングで提案したこの新製品は、それまでのコアターゲットであったダンサーだけでなく、流行に敏感な若い世代の女性たちをも魅了。ブランド史上最も象徴的なアイテムとなりました。

▲出典:http://www.goldwin.co.jp/danskin/brand/history/

 

danskin
▲先日、danskinのカタログをゲットしました

ダンスとスキンでダンスキン。アメリカ人もそんなダジャレみたいなネーミングをするのかとびっくりした。

本上陸は1982年。ダンスの楽しさを取り入れたエアロビクスやマシントレーニングなど、フィットネスがブームの時代。人と競い合うのではなく、自分らしい方法でスポーツを取り入れることが浸透しはじめた日本でも、人気のブランドに。1983年大ヒットした映画で、ダンサーを目指す女性のウエアがダンスキンだったことも、日米でブランド成長の追い風となりました。

その後も、多様化するワークアウトのニーズに応じ、ヨガやランニングなど、時代で変化する女性と共に成長してきました。

▲出典:http://www.goldwin.co.jp/danskin/brand/history/

1983年に大ヒットしたダンス映画といえば、『フラッシュダンス』ですかね。オレも見たくらいだから確かに大ヒットしていた。

ジェニファー・ビールスが溶接作業をしていたシーンはよく憶えて憶えている。

What A Feeling とゆー歌は今でも耳にこびりついている。

ダンスキン(DANSKIN)。日本で仕切っているのはゴールドウイン

んで、このダンスキン(DANSKIN)ブランドを扱っている会社は、何を隠そうスポーツ用品メーカー株式会社ゴールドウイン(東京証券取引所市場第一部・証券コード:8111)なんである。

株式会社ゴールドウインは、 富山県小矢部市津沢をルーツとして、1950年に創業。いまでは、「エレッセ」・「ザ・ノース・フェイス」・「カンタベリー・オブ・ニュージーランド」・「ヘリーハンセン」などなどの有力ブランドのスポーツウェアやスポーツ用品を製造販売しております。

つーことで、自家用ヨガマットもくたびれてきたし、ダンスキン(DANSKIN)のマットも検討してみることにします。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




MANDUKA

-ヨガブランド

Copyright© オヤジのヨガ日記 , 2019 All Rights Reserved.