ニッポンのオヤジにこそヨガのパワーを。メンズヨガの赤裸々な実態をオッサンがこっそり綴ります

オヤジのヨガ日記

ヨガ音楽

シベリアのバンド OTYKENを知ってるか? まるでゴールデンカムイ おまえの脳みそに響く倍音まつり

更新日:

 

毎度、オヤジヨガです。

最近、首の付け根が痛くてシルシアサナをさぼってます。

そんなくたびれたオレの脳みその琴線をワシ掴みにした動画がこれ。

ヨーロッパのバイキング系民族音楽グループ(Heilung)のファンページの掲示板を見ていたら紹介されていたこのグループ。

そのビジュアルはまるでゴールデンカムイのアシリパ(アシㇼパ)かインカラマッ。


▲ゴールデンカムイを全巻読み終わって、その勢いで購入した「公式ファンブック」

そんな彼らが、オレの好きな口琴(ホムス)やダミ声の倍音唱法(喉歌、ホーミー:一人の人間が同時に2つの音を出す)で歌い、叫ぶ。


▲口琴、ホムス。歯にくわえてビヨンビヨンする(amazon)

バンドの名前はOTYKEN。そのまま「オティケン」って発音するのが正しいかどうかはわからない。おちけん? 落研?

でも、このハチミツ紹介動画を見てみると、「アトキェン」って発音してる気がする。
この動画の最後あたりで日本人女性が登場します。

よくわからないが、OTYKENは音楽をやる一方で、蜂蜜や松の実やジャムなんかも販売しているらしい。

音楽とビジュアルはとにかくハマる、ツボに刺さる。脳みそが倍音で共振する。

この動画は今年(2022年)の4月に公開されたもの。

youtubeの説明にはこうあるです。

The music video was filmed in Siberia, Krasnoyarsk Territory, on the Chulym River. 30 km from the village of Pasechnoye (the capital of the Chulyms). This is the birthplace of the members of the OTYKEN group. Chulyms are the smallest indigenous people of Siberia. According to one version, the Chulyms are the ancestors of the Japanese Ainu and the indigenous peoples of North America. According to another version, the Chulyms are an ancient Turkic tribe.

The song OTYKEN - STORM talks about the difficulties that people face when traveling to the East. The music of the OTYKEN group is dedicated to giving kindness and warm light to all people on earth! The magical power of our music will heal your soul and your body as well, and it can even send you into a trance.

Thanks to all the caring people who sent us donations for the filming of the music video OTYKEN – STORM. We tried very hard and gave it our all!

Members of the music video OTYKEN – STORM:

Producer, songwriter - Andrey Medonos
Sound - Dmitry Kruzhkovsky
Vocal – Azyan
Drums – Hakkaida
Vargan (Jaw harp) – Tsveta
Throat Singing (Synthesizer) – Ach
Ikili (Morinhur) - Kunсhari
Maracas (deer antlers) – Kykakacha
Khomys (string instrument) – Otamay
Shaman recitative – Sandro

いつもお世話になっているDeepLに翻訳してもらった。

ミュージックビデオは、シベリア、クラスノヤルスク準州のチューリム川で撮影されました。パセシノエ村(チューリム族の首都)から30km。ここは、OTYKENグループのメンバーの出身地である。チューリムは、シベリアの最小の先住民族である。一説には、日本のアイヌや北アメリカの先住民の祖先とされる。また、別の説では、チューリムは古代のトルコ系民族であるとも言われています。

OTYKEN - STORMという曲は、人々が東洋へ旅する際に直面する困難について歌っている。OTYKENグループの音楽は、地球上のすべての人々に優しさと暖かい光を与えるために捧げられています!私たちの音楽の不思議な力は、人々を癒します。私たちの音楽の不思議な力は、あなたの魂と体をも癒し、トランス状態にもしてくれるでしょう。

OTYKEN - STORMのミュージックビデオの撮影のために寄付を送ってくださった心ある方々に感謝します。私たちは一生懸命、全力を尽くしました

ミュージック・ビデオ「OTYKEN - STORM」のメンバー。

プロデューサー・作詞作曲家:アンドレイ・メドノス
サウンド:ドミトリー・クルスコフスキー(Dmitry Kruzhkovsky
ボーカル:Azyan
ドラムス:ハカイダー
ヴァルガン(顎琴) - ツヴェータ
のど自慢(シンセサイザー) - Ach
イキリ(モリンフール) - クンハリ
マラカス(鹿の角) - Kykakacha
ホーミス(弦楽器) - オタメイ
シャーマンのレチタティーヴォ - サンドロ

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

パセシノエ村ってゆーのはこの辺らしい(↓)。

地図で見るだけでも冬の季節は過酷そう。でも、春になると一気に生命が湧き上がる土地なんだろうな。

その一方で

ドラムス:ハカイダー

とゆー誤訳が昭和生まれのオレには喜ばしい。

昭和のハカイダーは脳みそでゴールデンカムイとつながっている。なんだかシンクロニシティで運命的。
すべての出来事には意味があるってゆースピ界隈の伝承もホントかも。

とにかく、世界は戦争なんかしてる場合じゃない。OTYKENを聴こう。

この動画もシビレるぞ。

彼らの公式HPはここ→https://otyken.ru/?fbclid=IwAR2kM5Z3TA4KZV_1mLdG5SLE1guK5_R67rNiQHNONEXrC8K2Wa6TDTcJv30

シベリアの人々と "日出づる国 "日本の友好に捧げられたものですと説明されているこんな動画もありました。

MANDUKA

-ヨガ音楽
-,

Copyright© オヤジのヨガ日記 , 2022 All Rights Reserved.