ニッポンのオヤジにこそヨガのパワーを。メンズヨガの赤裸々な実態をオッサンがこっそり綴ります

オヤジのヨガ日記

ヨガエピソード

ヨガと立甲(りっこう)。肩甲骨を立てるんじゃ

更新日:

 

昔から気になっていた肩甲骨。

ヨガのポーズを練習していても、腕がもっと自由に動けばなあと思う場面がいくつかあった。

最初にジャンプバックの練習をしていたときも、先生から「前鋸筋」を意識しなさいと言われたことがあったんだが、当時はよくわからなかった。

ニンゲンの腕のホネ(上腕骨)がニンゲンのボディのホネ(胸郭)とどうつながっているかってゆーと、上腕骨は肩甲骨にはまり、肩甲骨は鎖骨とつながっていて、鎖骨が胸骨につながっている。

つまり、腕は、肩甲骨と鎖骨を経由して、初めてボディにつながっているわけです。

腕の本当の付け根は肩ではなくて、胸の中央に近いとことにある鎖関節。

とゆーことは、肩甲骨は、筋肉の中で浮いているようなもの。

でも、大人になるにつれて肩甲骨周りの筋肉がかたまってしまい、肩甲骨はボディに張り付いたような状態になってしまう。

そうなった肩甲骨を再び自由に動く状態にするのが、ここ数年話題になっている「肩甲骨はがし」であり、肩甲骨が立ち上がる状態までもっていくのが「立甲」なんである。

「立甲」の解説動画

立甲の解説動画はたくさんアップロードされているが、これがシンプルでわかりやすいです。

この動画もファンキーでいいです。

こっちは、四つ這いでの練習。

四足歩行の様子は、チーターみたいです。

実際にチーターの前で立甲しながら四足歩行する動画もあります。

この動画もとてもわかりやすいです。

さあキミも立甲の技を身につけて、ヨガのポーズで楽しよう。

ただ、この立甲、肩甲骨が立った状態になることが目的ではありません。

大事なのは、甲腕一致なんです。

私も完全に立甲状態になりませんが、肩甲骨の可動範囲が拡大すると、

●ジャンプバック・ジャンプスルーが楽になる
●シルシアーサナが安定する

って効果を実感しています。

肩甲骨の参考書は、コレ読んでください。↓

肩甲骨が立てば、パフォーマンスは上がる!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




MANDUKA

-ヨガエピソード

Copyright© オヤジのヨガ日記 , 2019 All Rights Reserved.