ニッポンのオヤジにこそヨガのパワーを。メンズヨガの赤裸々な実態をオッサンがこっそり綴ります

オヤジのヨガ日記

メンズヨガ ヨガティブ

【ヨガティブ】の無料体験レッスンを50代男が申し込んでみた実録レビュー。ZoomのURLゲットまで

更新日:

男、特に中年男性つまりオッサンでも参加ウェルカムなオンラインヨガが気になっているけど、恥ずかしいので最後の一歩が踏み出せないあなた。

そんなあなたの代わりに昭和の頃からヨガに親しんでいるワタクシが実際に無料体験レッスンを申し込んでみたのでレポートします。

1つ前の記事はコレ(↓)

ヨガティブ
【ヨガティブ】できる男は自宅で「パーソナルヨガ」はじめてますって何だ?

オレのこのヨガブログにも最近配信されているこの広告バナー。 (↓) こっちは反射的にオレが作った季節モノのバナー。特に意味はないが、冷やし中華はオレの大好物で、こーゆーダジャレは昭和の遺伝子。 (↓) ...

続きを見る

以下では、ヨガティブ(YOGATIVE)への申し込みから申込み完了後のZoomのurl受領までをかなり細かく書いてます。

結論から言うと、

・申し込みは超カンタン

・無料体験日はオンライン上ではなく電話のやり取りで決定される

・オンラインヨガに必要なZoomのマニュアルも送られて来るので初めてでも問題ナシ

そんな感じ。

初回体験レッスン予約はこちら

以下、この記事では詳しい流れを追っていきます。

 

オンラインヨガ「ヨガティブ(YOGATIVE)」とは

2020年3月からサービスが始まったとゆーヨガティブ(YOGATIVE)。

オンラインでヨガを教えてくれるサービスなんですけれども、基本的に、先生と生徒が1対1のパーソナルレッスンってところが、他のサービスと決定的に異なっています。

ヨガオヤジとしてのオレが知る限り、全面的に完全マンツーマンのオンライン個人レッスンを実現しているのは、いまのところ、このヨガティブが唯一無二のサービスです。

しかも、このヨガティブ、メインターゲットの柱の1つを40歳以上の男性に設定している。

だって、こんな広告ですもん。

昭和のころからヨガやっているヨガおやじのオレとしましては、年々くたびれて行く同世代の中年男性にヨガを広めたいと思っておりますので、この点からもヨガティブ(YOGATIVE)にヒジョーに興味があります。

いったいどんなレッスンを受けられるんだろう、どんな先生がいるんだろう、興味津々なんで、実際に自分で申し込んで、ヨガティブ(YOGATIVE)の実態を探ってみることにしました。

 

ヨガティブの無料体験レッスンに申し込んでみた

マンツーマンのヨガレッスン、つまり先生一人に対して生徒一人ってゆーのは、リアルだと結構なお値段がするのが普通です。

たとえば、オレがいまリアルで教えてもらってる先生(E-RYT500所持)は1回1時間で5500円。地方在住なんで、これでも全国相場でみればかなり安い。

都会なら8000円くらいはするんじゃなかろうか。

それに対してヨガティブ(YOGATIVE)のレッスンは、月会員のコースにもよるが、1レッスンの料金は2475円から3400円(2021年8月現在)。

しかもパーソナルヨガの体験レッスンに至っては、その価格が段階的に引き下げられてきた結果、今だけ特別価格でなんと無料

スマホからでもPCからでも申し込めます。

スマホだとこんな画面。

申し込み画面

 

入力項目は、

・氏名
・メールアドレス
・電話番号
・レッスン希望日(選択式)

 

最後の入力項目のレッスン希望日は選択式で、その選択肢はこんな感じ。

 

希望日洗濯

オレは「土日祝朝」を選んだ。具体的な何日の何時ってゆーのは、申込みが完了してから決めるみたい。

以上、体験レッスンの申込みに必要な入力項目はこれだけ。生年月日や住所の入力も不要です。

ここで申し込みボタンを押せば、申込みが完了します。

完了画面

▲申し込み完了画面(PC)

すべての手続がオンラインで完了するのかと思っていましたが、生きたニンゲンから電話が来るらしい。

これは、冷やかし客の申し込みや酔っ払った勢いで申し込んじゃったのをチェックするためかなと思ったりしたオレだった。

 

ヨガティブ申込み後、すぐにメールが届く

届いたメールがコレです。

初回体験レッスンの日時を決める旨、書かれています。

 

メール

メールのなかでリンクされている動画はこれ。

ヨガティブ・レッスンの流れ(59秒)です。

動画に登場する生徒役のオッサンが初初しくていい感じ。

その数分後にまたメールが来ました。

 

調整メール

電話で日時を決めるのでこのメールを返信してくださいと書いてあります。

ちょっとでかける用事があったんで、メールの返信は後回しにし、出かける準備をしてたらスマホが鳴りました。

メールに記載されていたヨガティブ(YOGATIVE)の担当の男性からの電話でした。

実に行動が早い。

この日は日曜だったんで、申し込み者は電話に出られるだろう、今がチャンス! てんで、メールの返信を待たずに電話したって感じ。

いま、出かけるところであまり時間がないことを伝えると、テキパキしたさわやか声の男性は、1-2分で終わらせますとおしゃって、最短で受けられる日にちと時間を教えてくれました。

ちょうど都合がいい日時だったんで、そこで即決。電話は完了しました。

んで、またメールが届きます。

予約完了の最終確認メールです。

予約確定

決済アプリのクービックのインストールを促されます。

このアプリをスマホに入れることで、予約の確認や今後の新規予約が可能になります。

オレの場合、以前単発で受けたリアルなヨガのクラスのときに、その先生が使ってた決済システムがこのクービックだったので、すでにオレのスマホにはこのアプリが入ってました。

 

 

クービック

▲クービックの画面。体験レッスンが予約されている

体験レッスン担当の先生からメールが来る

初回体験レッスンを担当する先生からもメールがきます。

インストラクターからのメール

このメールにZoomのURLが記載されているので、これで必要な情報は揃った。

このメールには3つのファイルが添付されている。

添付ファイル

・【YOGATIVE】お客さま用:ZOOMの始め方
・Coubicアプリでの予約方法マニュアル
・【YOGATIVE】レッスン受講の免責に関する誓約書

ZoomとCoubicのマニュアルは初めての人でもたぶん理解できる優しい内容。

免責の誓約書は、こんな感じ。

誓約書

オンラインヨガといえども、運営側にとってこれは大切。

実際、ヨガでケガしたりはあるもんな。

でも、今回の無料体験レッスンでは特に提出を求められなかった。

URLもゲットしたし、あとは当日を待つだけ。

初回体験レッスン予約はこちら

この項、さらに続く

ヨガティブ
【ヨガティブ】50代男が受けた初めての無料体験レッスン本番50分間超えの中身

還暦に近いオッサンがヨガティブ(YOGATIVE)の無料体験レッスンを受けてみた詳しい実録レポートです。 結論からゆーと、 ・オンラインヨガでも、パーソナルレッスンであれば効果が期待できる ・ヨガデビ ...

続きを見る

MANDUKA

-メンズヨガ, ヨガティブ
-

Copyright© オヤジのヨガ日記 , 2021 All Rights Reserved.